« 秋の味覚 | トップページ | La Pierre Blanche »

coco DE cooking!Sep

今月のお料理教室は中華でした(◎´∀`)ノ

メニューは
*麻婆豆腐
*えびのチリソース
*きゅうりとセロリのラー油漬け
*ほうじ茶プリン

おいしい麻婆豆腐を作りたい(*゚▽゚)ノ
とリクエストしてくれたCちゃんは
体調不良でお休み(u_u。)
Cちゃん、もう大丈夫ですかsign02
引き続きお大事にしてくださいsweat02
レシピにポイント書いて次回お渡ししますねwink

近頃は体調を崩す方が多い様です。。。。
気温や天候の変化が多い季節の変わり目のせいでしょうかsign02
バランスの良い食生活を心掛けて
食欲の秋に邁進しましょーーーhappy01

さて
今回の中華はとてもbeerに合うメニューでもありましたが
もちろん白ごはんともバッチリgood


Cimg1195
麻婆豆腐
日本でもお馴染みの四川料理ですね(゚▽゚*)
ちなみに器はエルメスshine
中華レストランでも頻繁に白い器が使用されますが
「洋」の器も中華にはよく合いますhappy01
おもてなしには素敵ですよo(*^▽^*)o

『麻婆豆腐の由来&豆知識』sign02
flairむかーしむかし
四川で食堂を営んでいた陳さんという未亡人のお店に
油の運搬人をしていた客がやってきました
「自分が担いできた油と買ってきた豆腐で何か作ってほしい」
と頼んで作ってもらった料理が麻婆豆腐の起源だと伝えられ
陳さん(年配のおばあちゃんだったのかな?)のお顔に 
”麻=あばた ”があったことから....
”麻婆 ”という名が付けられたとかeye
flairまた
麻婆豆腐は
「麻」マー....下がしびれるような山椒の辛さ
「辣」ラー....ピリッとした唐辛子の辛さ
という二つの刺激的な辛味が決め手となるため
中国では地域によって「麻辣豆腐」とも呼ばれていますsign01

中国料理は歴史が長く深く....勉強していくととてもおもしろいですup
日本にも随分浸透している中華noodle何気に目にして口にしていますが
料理名には全て意味があり
使っている食材、歴史やエピソード、
調理法(炒めている?揚げている?蒸している?!)等々が
わかるようになっています;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
漢字を理解できる私たち日本人は
中国語ができなくても中国料理のメニューは解読できるかもsign02

今回のお料理教室では
辛さは豆板醤で、麻の山椒は日本の粉山椒を使用しましたsign03
辛いもの好きな生徒さんでしたので
両方を最初にしっかり炒めて辛さと旨味を引き出しましたよ(≧∇≦)
山椒は後から振りかけるのもいいですが炒めるとけっこうおいしくなります(・∀・)イイ!
しょうがとにんにく、ネギは余裕があればできるだけ細かくみじん切りにするのも
中華のポイントですup


Cimg1194

えびのチリソースnote
こちらもお馴染み中華料理ですねhappy01
「乾焼明蝦 ガンシャオミンシャ」
「乾焼」とはよく四川で用いられる調理法で
”少量のスープで短時間煮込む ”技法をいいますflair
「明蝦」は殻付きの車えびのことsign01
大きいえびを使ってますよgoodの場合は「大蝦 タアシャー」になるsign01
おもしろいでしょsign02
こちらも辛味のアクセントは豆板醤(*^ー゚)bグッジョブ!!
ついつい器に残ってしまうおいしいソース....sweat02
全ていただけるように一口大にちぎったレタスを敷きますhappy01
パリッとしたレタスとチリソースもよく合いますnote

Cimg1190

きゅうりとセロリのラー油漬け
漬け込むだけの簡単な箸休めですsign01
大好評heart04


Cimg1199_2

ほうじ茶プリン
cameraちょっと黒みつが伸びて美しくないですがsweat01
杏仁豆腐に飽きたらこんなのもおもしろいgood
おもてなしにオススメですhappy01

来月は日本料理bottle

|
|

« 秋の味覚 | トップページ | La Pierre Blanche »

料理教室」カテゴリの記事

コメント

全ておいしそうheart04
我が家も辛いもの好きですhappy01でも、子どもが食べられないからなかなか香辛料の効いた料理は食卓に並ばないんですよ~crying
子ども達!早く大きくならないかなぁ(笑)

投稿: ぴあの | 2009年9月30日 (水) 21時32分

そうですね....bearing
お子様にはちょっと難しいsweat01本格的なお味になっています
(≧∇≦)
でもお子様はお子様らしいかわいい時期も期間限定ですからねlovelyすぐに大きくなっちゃいますからupwardright逆に、お子様中心のお食事時代が懐かしくなる日もすぐかもしれませんねsmile

投稿: coco | 2009年9月30日 (水) 22時03分

はじめまして♪

私はえびちり大好きですheart02
しかし、我が家はえび嫌いの子供二人と、
辛いの嫌いの旦那なので、
なかなか家で作る機会もなく(その前に作り方を知りませんgawk
外食でも、頼んで一人で食べるのも無理なことが多く・・・・。

一人で作っていっぱい食べたぁいcherry

残りのソースはご飯にのせますshine

投稿: ゆみこ | 2009年10月 4日 (日) 15時13分

ゆみこさん、はじめましてhappy01
コメントありがとうございましたsign01
えびチリお好きなんですねshineお子様はまだ小さいのかしらsign02
ご主人は辛いの嫌いか....think

でも調味料のベースはトマトケチャップですのでいつかお子様も食べてくれるようになるかもsign02
(甲殻アレルギーなどではないのなら)最初はえびを小さくみじん切りにして、辛味なしで作ってみたら、案外調味料の味にごまかされて食べてくれるような気がしますflair
また辛さに関しては豆板醤の量を少量に調節したり、最初に炒めて辛味を出さず、合わせ調味料に混ぜてしまうなどの工夫をすると辛さはそんなに感じることなく作ることができますflairflair
手作りのえびチリは皆さんが思われるより簡単ですし、その辺のレストランで食べるよりもずっとおいしくできるんですよup
お子様が幼稚園か学校に行っているのなら、一人ランチのチャンスありますよね?毎日がんばっている自分へのご褒美にえびチリを作りnotesちょっと心豊かな時間を過ごしてみる....なーんていうのはどうですかsign02smile

投稿: coco | 2009年10月 4日 (日) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1202372/31579700

この記事へのトラックバック一覧です: coco DE cooking!Sep:

« 秋の味覚 | トップページ | La Pierre Blanche »