« 世界一辛い担々麺 | トップページ | 器についてvol.2 »

五六市

江戸時代、東海道56番目の宿場町として栄えていた
商人の町『枚方宿』

Cimg2738

三十石船に乗ってやってくる客に
「餅くらわんか〜 酒くらわんか〜」
と酒肴を茶碗で売る ”くらわんか舟 ”が名物だったとか......

そんな時代背景を大切にしながら
大阪府枚方(ひらかた)市では
『枚方宿くらわんか五六市』を
毎月第二日曜日に開催flair

枚方市在住のTさんにご同行いただきup
今月は五六市(ゴロクイチ)を満喫してきましたhappy01

京阪枚方公園駅〜枚方市駅までの1区間を歩いて
ふらふらnoteふらふらnote

街起こしのイベントというよりは
プチお祭りの如く出展者さん多数でその種類は様々(o^-^o)

Cimg2739

枚方って.....(゚▽゚*)
関西の方々からしたらどんな地域なんでしょうsign02

私のイメージでは住宅が多い街で高槻市とダブる部分があったのですが.....

歴史を感じる様な建物も点在する中
ある意味大阪を感じるというか....でも京都っぽい雰囲気もある.....

今回実は
note枚方市scissors

Cimg2745

こんな感じで
手作り焼き菓子、手作りアクセサリー、器、野菜.....etc
何でも揃いそうな市場状態ですeye

Cimg2746

おいしいポン酢屋さんがあったり
様々なオリーブオイルやバルサミコ酢を試食させてもらったりconfident


Cimg2744

ワラで自然に発酵させているという
人気の納豆は絶品heart04

Cimg2743

↑ココの氷屋さん↑かき氷は夏に人気で
とってもおいしいそうですよwink

Cimg2741
北村みそ本家(京阪枚方市付近)
大阪府枚方市岡本町10-2
tel 072-844-0211

昔なつかしい自然の味がするお味噌shine
とてもオススメですo(*^▽^*)o
地元では有名なんですってflair

この度、Tさんからプレゼントしていただきましたnote
最近は丁寧にひいたお出し+ここのお味噌で
あおさのりのお味噌汁shine
ハマっています(◎´∀`)ノ
Tさんありがとうございましたnote

料理関係の仕事をしている共通点+かなり「オッサン」気質な
私たち二人.....
途中sweat01
暑くなってビールを飲みだしたり゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
気付けば食べ物の話ばかりですがcoldsweats01

Tさんお友達が出展していたアロマのお店でハンドマッサージを体感happy01
癒される〜;:゙;`(゚∀゚)`;:゙(10分¥500 手作りアロマ石鹸付きheart01
すごく凝っていますねっsweat01疲れているsweat01
なんの仕事をしているんですかsign02eye
などと云われ......sweat02
ハンドマッサージでそんなことわかるなんて.....
初めて知りました(。・w・。 )
思った以上に気持ちよかったのでまた師術してほしいですconfident

他にも
安全flair国産flair激安flairの乾物を買いあさったりsmile
(ここで買わんでも......(* ̄ー ̄*)

とっても使いやすい国産木の手作り菜箸(なんと三膳¥100good)を購入して
幸せな気分になったり......♪(o ̄∇ ̄)/
(cocoに仕入れたいlovely

今月の第二日曜日が遥か遠い記憶.......sweat02

あれからお休みがないのですがsweat01
またのんびり癒されに
プチ遠足気分で訪れたいものですconfident

ゴロクイチ
 ”なんかいい ”
素晴らしいイベントでした
o(*^▽^*)o


|
|

« 世界一辛い担々麺 | トップページ | 器についてvol.2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

不適切な内容のコメントは削除します。

投稿: 管理人 | 2010年5月 3日 (月) 21時53分

ぜひ、また来てくださいねぇ~。
ローカル枚方五六市、なんかちょっと癒されますよね(笑)

投稿: T | 2010年5月23日 (日) 16時11分

Tさんhappy01
ご案内いただきましてありがとうございましたsign01

菜箸がかなり良いのでまた購入しに行きたいと思いますwink

投稿: coco | 2010年5月23日 (日) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1202372/34356738

この記事へのトラックバック一覧です: 五六市:

« 世界一辛い担々麺 | トップページ | 器についてvol.2 »