« 器のメンテナンス | トップページ | お料理教室と不思議なメッセージ☆ »

木のメンテナンス

Rimg0043


塗りのものでない、天然木のお箸やスプーン類。


年に1〜2度、乾燥している季節にメンテナンスしていますsign01




Rimg0044
お料理教室&来客用お箸たち←(ちなみに栗の木)


使用を重ねると、乾燥してカサカサとしてくる→汚れも入りやすくなる。
Rimg0045


オリーブオイル(食用のお家にあるものでOK)を薄く塗り、

しばらく置いて浸透させますshineつやつやからしっとりに変わりますshine



(竹のものはお水を好むような気がするので、オイルでメンテナンスはしていません。)
常に洗剤水だけで洗い流し、乾燥する、を繰り返すと、


亀裂してくることもある天然木sweat01
Rimg0046


水も油も大事って、私たちのお肌と一緒ですねcoldsweats01
この作業を終えると私の手はツヤツヤ潤うshinepapershine



やっぱり潤いって大事だなぁcoldsweats01

ついでにこんなものたちもメンテナンスしてみましたsign01
Rimg0048

ターナーや木製お玉などshine
しっとりとして、安心して料理にも使え、長持ちしますよwink

|
|

« 器のメンテナンス | トップページ | お料理教室と不思議なメッセージ☆ »

器について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1202372/58733075

この記事へのトラックバック一覧です: 木のメンテナンス:

« 器のメンテナンス | トップページ | お料理教室と不思議なメッセージ☆ »